読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

靴ハカセ・お方さまの「足まわり講座」No.12「靴のソールが突如、ボロボロに?!『加水分解』の恐怖!!」

 

f:id:maddiehayes9915544:20170411111706j:image

 

みなさんこんにちは!お方さまの足まわり講座です。

 

突然ですがみなさん、街を歩いていると、道にこんなものが落ちているのを、見たことがありませんか?

 

▼何やら、黒いカタマリ。

f:id:maddiehayes9915544:20170411103202j:plain

 

▼大小散らばって落ちていることが多い。

f:id:maddiehayes9915544:20170411103233j:plain

 

▼あるいは、タイル状の床の上に点在する、アスファルトの破片のようなシミ。

f:id:maddiehayes9915544:20170411103400j:image

 

これって一体、なんなのでしょう?

 

靴のソールみたいにも見えますが、歩いてて靴のソールが取れることなんてありえない、もし靴なら、あれを履いていた人はどうなった、って、そう思ってしまいますよね。

 

「靴屋さんあるある」

 

靴屋さんで働いていると、まれにですが、とんでもない場面に遭遇することがあります。

 

その場面とは…

 

シワひとつない、クロのスーツ、ノリの効いたシャツ、純白のネクタイ。ほぼ完璧な、礼服スタイル。

 

なのに、足元は…

 

裸足!!ハダシ!!

 

たいていの場合、お客さまは、自分の身に何が起こったのかが理解できず…

 

「く、靴が、ボロボロになって…。なくなってしまった!」

 

とおっしゃいます。

 

しかし靴屋さん側としては手慣れたもの。落ち着いてスリッパを差し出し、椅子に腰掛けていただきます。

 

この状況って、何度も経験しているのですから。

 

靴底の、加水分解

 

これは靴底が加水分解を起こし、ボロボロになって、剥がれ落ちてしまったのです。

 

加水分解とは、化合物が水分と反応して分解反応を起こすことを言います。

 

この種の問題を引き起こす靴は、ソールがポリウレタン製のものに限ります。革底の靴では決して起こりません。

 

ポリウレタン製のソールは、長所として、

 

①発泡ウレタンなので、軽量かつ高クッション

 

②耐摩耗性に優れており、ソール減りが少ない。

 

という点が挙げられます。つまり、足が疲れにくく、ソールも減りにくいので、ソール素材としてはたいへん人気があります。

 

しかし、工場でソールが完成した時点から、すでに分解反応は始まっています。

 

早くて3年、多くは5年で、劣化が起こります。

 

ポリウレタン製の靴を、5年も履き続ける人はまれです。ソールの前に、アッパー(甲革)がダメになるので、新しいものに買い換えることが多いでしょう。

 

でも…

 

「この靴は、結婚式用」とか言って、長い間、下駄箱の中に眠らせてた靴…

 

そんな靴を、数年ぶりに履いて、駅に向かうと…

 

どんなことになるか、だんだん、想像がついてきたのではないでしょうか。

 

気候と加水分解

 

日本は高温多湿であるため、加水分解が発生しやすい気候であると言えます。

 

アメリカやヨーロッパなど比較的乾燥した気候では長く使える靴も、日本では寿命が短くなってしまいます。

 

ジャカルタ在住のお客様によれば、ジャカルタでは靴がすぐダメになる、とのお話を伺ったことがあります。

 

加水分解、対策は?

 

ポリウレタンの加水分解は、防ぐ方法はありません。

 

その寿命は3年から5年。

 

せっかく買った靴を無駄にしないためには、

 

A)まず、使用しましょう!!

 

使用せずに保管したままだと、加水分解が進みやすくなります。前述のような、結婚式専用にしていた靴を数年ぶりに下駄箱から出す、なんて状況は、加水分解の最悪のケースです。裸足で礼服で、靴屋さんを探して走り回る羽目になります。

 

B)雨などで濡れた後は手入れをして、風通しの良い場所で乾かしましょう。

 

エナメルにも起こる加水分解

 

エナメルの表面を覆う光沢もポリウレタンであり、加水分解を起こします。エナメルの場合は、ボロボロと崩れるのではなく、表面にベタつきが起こり、チリやホコリなどが表面にくっつきやすいという症状になります。

 

加水分解は、ライニングにも起こります。ライニングとは、靴の内張のことです。内張がボロボロになる現象がそうです。

 

また、合成皮革の素材にも発生します。

 

半年〜1年以上、履いてなかった靴を履く前に、必ずすべきこと

 

半年以上履いていない靴があれば、履く前に必ず

 

ソールを折り曲げてみましょう!!

 

加水分解を起こしていれば、割れてきます。少しでもヒビがはいれば、その靴はもうダメです。履いて外出すれば、ソールはボロボロに剥がれ落ち、アッパーだけという、コントのような格好になってしまいます。

 

 

 

以上、加水分解についてまとめてみました。

 

ポリウレタン製のソールを履く際、エナメルの靴を履く際には、参考にしていただければ幸いです!

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール