読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

お方さまのランニングログ 2回目のフルマラソン 兼 ダメ夫のペーサー役として、果たして完走できるのか?!京都マラソン2017まであと:18日!「全裸オヤジのサバイバルの巻」

お方さま ランニング

f:id:maddiehayes9915544:20170201212239p:plain

 

お方さまは朝が弱い。

 

これは結婚してとても驚いたことだった。

 

今はかなり改善されているが、夜が遅いからだ。

 

「夜、早く寝ると『負け』やと思ってるやろ?」という僕の問いかけには、未だに返事をもらっていない。

 

独身時代は、おそらく就寝時間は2時なら早い方だろう。3時とかに寝ていたものと思われる。

 

そのくせ、たっぷり寝ないとダメな方なので、いきおい、朝が起きられない。

 

今でもこのクセは残っている。気に入った番組があると、見ないと寝ないのだ。録画して後日、をなかなかしない。

 

バカだ。

 

「ザ・無人島生活」。

 

お方さまが少し前まで、"どハマり"していた番組がそれだ。

 

イギリス人のオッサンが、全裸で無人島にたった一人で放り込まれる。「電波少年」みたいに、ディレクターやカメラマンさえいない。まさにたった一人だ。

 

撮影も、オッサン本人が行う。

 

「命の危険を感じた時に開ける箱」っていうのをもらってて、その中には抗生物質などが入っている。

 

その状態で60日間、放置されるらしい。

 

このオッサン、火を起こすのに10日以上かかっていたらしい。

 

「原始的な状態で火を起こすのは、サバイバルのプロでも難しいことなんや!」

 

と、まるで自分がサバイバルのプロであるかのごとき、お方さまの発言を拝聴する僕だった。

 

火がないので、オッサンは、生きるため捕まえた貝を生のまま食い、腹をくだし、例の箱を開けて薬を飲む。

 

その後も、水が確保できずに脱水症状、食べ物が確保できずに栄養失調、などのピンチがありながら、山でヤギを捕まえ、解体し、骨いがい全部たいらげ、60日のチャレンジを終える…

 

そんな番組を、食い入るように見る。

 

深夜に。

 

ランランとした眼球で。開ききった瞳孔で。

 

これはコワイ。

 

「コイツ大丈夫か…」

 

と思ってしまう…

 

今日の練習

 

今日は完全休養日です!

 

お方さまの血圧と脈拍

 

血圧:133-92

 

脈拍:69

 

感想

 

ここのところお方さまは、僕とは真逆でかなり体重が落ちてきている模様。逆に、少し太るべく、夕食にうどんとたこ焼きをお食べになられます。

 

もちろん、いつものアルコール類も!!

 

あと18日!