読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

ランニングシューズの、超カンタンでほどけにくい靴ヒモの結び方

走っていて、靴ヒモがほどけると困ります。

 

普通に蝶々結びにしただけなら、ヒモの余った部分が、走ってると揺れて甲に打ち付けられるたびに、ヒモが緩んで、ほどけてしまいます。

 

この対策、速いランナーさんは自分なりの結び方をお持ちだと思いますが、マラソン大会などでは意外に「無対策」なヒモ状態のランナーさんも見受けられます。

 

有名なところでは、イアン結び(イアン・ノット)という結び方があります。

 

イアン結び(イアン・ノット)

 

youtu.be

 

イアン・ノット いちばんややこしい部分を、ゆっくり撮影したバージョン。

 

ひと結びした後、蝶々の部分が一番難しいので、その部分をゆっくり撮影してみました。

 

youtu.be

 

イアン・ノットって、2秒で結べるらしいんですが、僕はどうも苦手。

 

靴のプロでも、この動画を見ても結べないって人も多いんです。

 

で、僕自身はイアンノットではなく、単純にこう結んでいます。

 

ひろし・ノットと名付けましょう。

 

ひろし・ノット

 

▼普通の蝶々結び。

f:id:maddiehayes9915544:20170112184321j:plain

 

▼先端を斜めのヒモの下に通し、

f:id:maddiehayes9915544:20170112184415j:plain

 

▼引っ張り出し、

f:id:maddiehayes9915544:20170112184527j:plain

 

くるりと回して、

f:id:maddiehayes9915544:20170112184623j:plain

 

▼一周まわすと出来上がり。

f:id:maddiehayes9915544:20170112184707j:plain

 

こうすることで、ヒモの余った部分が甲に固定され、走っていても揺れて甲に何度も当たって次第に緩まってくる、というあの現象が起きなくなります。

 

亀足ランナーの僕が、この結び方で今まで一度もほどけたことがありません。

 

イアン・ノットが嫌いな方、この結び方はいかがでしょうか?

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール