読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

鶴瓶とタケちゃんの即興トークがメチャメチャ面白かった件。〜巷の噺 たけし噺2016〜

http://www.tv-tokyo.co.jp/chimata/smp/images/main.jpg

年末年始のテレビ番組は好き嫌いがはっきりと分かれるところ。

 

テレビ東京系列で年末に放送された「巷の噺」のスペシャルは、とても面白かった。ビートたけしがゲストで、鶴瓶とスタジオでトークするのだが、実はその前に舞台で「ツルビート」なるコンビを結成して、即興で漫才というか、トークを繰り広げていました。

 

舞台袖で出番を待つビートたけし。タケちゃんってすごい小心者なんだな〜って思わせる場面があった。台本もないし、稽古もしていないので、鶴瓶に、

 

「なにを喋るの?」

 

って不安そうに聞いているのだ。

 

鶴瓶が、元気付けるため、

 

「なんでもよろしやん!適当に喋って!適当にさーっと降りてきたらよろしやん」

 

と、わざと軽々しくいうのだが、たけしは

 

「わかんねーよ!」

 

と拗ねた駄々っ子みたいに言っていました。意外な一面を見ました。

 

舞台は、「浅草フランス座演芸場 東洋座」という寄席で、かつてツービート時代に出演していたフランス座というストリップ劇場だった場所とのこと。

 

鶴瓶もタケちゃんも出演することは事前には誰も知らないのに、お客さんは長蛇の列。この辺りはよほど寄席文化が根付いているんだなあ、と大阪人の僕は羨ましく思いました。

 

 

 

 

 

鶴瓶;いうときますけどこれテレビ撮ってますからいらんこと言うたらダメですよ。

 

たけし:イヤイヤイヤ。もともとここは寄席じゃなかった。

 

鶴瓶:ここストリップ劇場だったんです。

 

たけし:ここ(舞台)も、「でべそ」(舞台の中央が客席側にはみ出している部分)って言って、お姉ちゃんが裸でこんなことやって。

 

鶴瓶:いらんこと言わんでエエ。

 

たけし:毎回、水曜日に来るお客さんがいて。

 

鶴瓶:へー、そんなお客さんが?

 

たけし:「浅草の聖徳太子」っていうあだ名をつけましてね。

 

鶴瓶:ふんふん。

 

たけし:11時開演から夜の9時。

 

鶴瓶:ずーっといてはんの?

 

たけし:もう終わりまで。ずーっと下半身だして。(聖徳太子のポーズ)ずーっと何時間もそのまま。固まってたオヤジがいました。

 

鶴瓶:ちゃんと説明しやなあかん。これテレビの番組で、飛び入りで出ようってことになって。ほんだらお客さん、めっちゃ並んではったんですよ!

 

たけし:ちょうどこれくらい(のお客さんの数)がいいですよ!これくらいだと、火事のとき、半分は生き残ります。

 

観客爆笑

 

たけし;なまじ満員だったら全員死亡ですからね。

 

鶴瓶:アンタ出る前、「なに喋るの?!」とか言うといて、めっちゃ喋っとるやんか。

 

たけし:浅草のこの公会堂はですね、だいたい綺麗な人が来るので有名なんです。

 

鶴瓶:公会堂?ここですか?

 

たけし:はい。綺麗な人。まあ、だいたい地元の人が多いですけど。…(客を指差し)あれ?どこからきたんですか?

 

観客爆笑

 

鶴瓶:しょーもないこと言わんでエエ。外、見てたら、居酒屋も開いてますね。

 

たけし:あれは開いてるんじゃない。閉められないの。

 

鶴瓶:どういうこと?この辺のことあまり知らないから。

 

たけし:閉めちゃうと勝手に開けて飲んじゃう人がいるから。

 

観客爆笑

 

たけし:私は浅草で「エレベーター前」やってたんだから。ここ4階ですよ。その当時のエレベーターってすごかったんだから。お客が切符買うでしょ?私がお客を背負って4階まで上がってきたんだから。

 

鶴瓶:ホンマかいな!もう20年ほど前、この辺のロック座って公開番組やってたんですよ。

 

たけし:ロック座あるよ。

 

鶴瓶:もうだいぶ前ですよ。その頃、ロック座に、変なおっちゃんおったんですよ。もうそんなおっちゃんいないけど。ニチャニチャの頭してて。で、(ロック座の前に)鳩がぎょうさんおったんですよ。で、鳩を指差して、そのおっちゃん、「食っていい?」って聞いたんですよ。

 

観客爆笑

 

たけし:私が浅草に入った頃、「アトム」って人がいましてね。「浅草のアトム」。

 

鶴瓶:アトム?

 

たけし:頭がホントはツルツルなんだけど、七三のイレズミをしてるんです。全部イレズミなんです。遠くから見たらウルシで塗ったみたいになってて。

 

観客爆笑

 

たけし:これが太陽に当たったら七色に輝くという。

 

観客爆笑

 

たけし:(ひたいを指差し)それでここに「悪」っていう、悪いって字を彫ってあるんだイレズミで。誰が見たって悪いやつで。

 

鶴瓶:ホンマかいな。

 

たけし:ターザンってのもいました。

 

鶴瓶:ターザン?

 

たけし:パンツ一丁で現れて。

 

鶴瓶:もうだいぶ前の話ですからね。

 

たけし:「おせんべいでも食うか?」って言ったら、「ターザン、そんなもの食わない。バナナしか食わない」って怒られて。「じゃあ、コントで使った衣装でも着る?あんた、パンツ一丁で寒そうだから」って言ったら、「ターザンはパンツ一丁でいい」って言って。

 

鶴瓶:ウンウン。

 

たけし:それで、しばらくしたら来なくなったんですよ。冬になって。「ターザンどうしたかな」って聞いたら、「肺炎で死んだ」って。

 

観客爆笑

 

鶴瓶:あんたの話はねえ。ここ(浅草東洋座。前のフランス座)から始まって。もう偉いとこまで行きましたで。この前、勲章もらったんでっせフランスから。

 

観客喝采

 

鶴瓶:勲章ってすごい。2回ももらったんでっせ。

 

たけし:文化勲章と。日本で言えば。旭日…なんとか勲章と。

 

鶴瓶:そうそう。

 

たけし:オレ、フランスの役に立ってないんだけどなあ。

 

鶴瓶:それで、(フランスへ)行って、もらいましたん?

 

たけし:フランス座出身だからな。

 

観客喝采

 

鶴瓶:(観客に)この人ら、こんなん好きやな。

 

たけし:お笑いやってて、拍手もらったら、「たいしてウケてないな」って思うよね。

 

鶴瓶:僕、もう65(歳)でっせ。(武に)お兄さんもう70でっしゃろ?

 

たけし:来年だよ。

 

鶴瓶:来年でも。

 

たけし:今は28くらいだよ。

 

鶴瓶:(武に)絶対、生命力あるね。3回くらい死んでるでしょ?ホンマなら。

 

たけし:3回くらい死んでる。悪いことばっかりして。

 

鶴瓶:お兄さん、でも、怪我しても、割と早いこと治りますよね。顔ももう治りましたやん。

 

観客爆笑

 

鶴瓶:エエ顔なりましたやん!

 

たけし:これは大変だったよ!オレの顔、倍以上ふくれちゃったんだから。で、骨をつないで、こん中に(左右の頬骨を指差し)鉄の棒が入ったんだから。鼻の下を通って。ほんで、(骨が)固まったら、それを抜くんだよ!(右から左に棒を抜く仕草)「ガリガリガリガリ!」って。

 

鶴瓶:ほう〜

 

たけし:もう、おでんの気持ちがよくわかるって。

 

観客爆笑

 

たけし:そんなこと言ったら医者に殴られた。バカヤロウって。

 

鶴瓶:イヤイヤイヤ。

 

たけし:毎日、尿検査があるんだよ。でないからオロナミンC入れたら、医者が5人くらいすっ飛んできた。「あんた何食べた?!」って。「糖が出てすごいですよ!」って。

 

鶴瓶:尿のやつ、ここ(股間)に管を入れるでしょ?あれ痛いでしょう?

 

たけし:気づかなかった。気が付いたら入ってた。

 

鶴瓶:オレも腰をヤッた時、(尿管が)気が付いたら入ってたんですよ!で、「もうこんなん、気持ち悪いからイヤ。外して」って言うたら、「これから外します」も何も言わんと、ズル〜〜!!ってひっこ抜いて!

 

観客爆笑

 

鶴瓶:あれ痛いで!あれは!

 

たけし:オレは抜いてる最中に気が付いた。気絶してて、なんか、(股間が)イテテテ!ってなって。

 

鶴瓶:ええ?!

 

たけし:「姉さん、もう2千円払うから、ゆっくりやってくれ」って。

 

観客爆笑

 

たけし:ソープランドと間違えちゃった。

 

鶴瓶:そんだけ怪我してるのにこうして。不死身で。街中でも兄さんの大きな写真ありますやん。キリッ!とした顔で。

 

たけし:今はCGの技術がすごいんだから。

 

鶴瓶:そうそう、こないだ、無呼吸はかったんですよ。無呼吸はかるときは酒飲んではかるんですよ。自分でやらなあかんねん。で、酔ってたんやろね、(鼻の穴に)ギュウ〜〜っと入れすぎたんでしょうね。次の日、ここ(鼻の穴から耳あたりを指差し)ずーーっと(管の跡が)ついてるんですよ!で次の日トヨタのCMなんですよ!顔だけ映るんですよ!ほんだらここ(鼻の穴から耳あたり)こないなってて!!(管の跡が顔についている)

 

観客爆笑

 

鶴瓶:どないしても取れないんですよ!でもあれCGや!(CGで消した)

 

たけし:でも皆さんはテレビでしか見てないけど、歌手の人だって、楽屋行ったらわかんない人いっぱいいますよ。

 

鶴瓶:(あんまり余計なこと言うな、の仕草)

 

たけし:もう八代亜紀なんか…

 

鶴瓶:じゃかあっしい!!

 

たけし:「八代亜紀」って粘土の型があるんだ。それにグーーーっと顔をさえつけて、パッ!と離したら八代亜紀になんだ。

 

観客爆笑

 

たけし:化粧前の八代亜紀が鏡の前に座ってたら、掃除のおばさんに怒られたんだ。「八代亜紀さんの楽屋で何やってんだ!」って。

 

鶴瓶:(苦笑)

 

たけし:「私が八代亜紀です」って言ったら「ふざけんな!」って言われたって言う。

 

鶴瓶:ここ切ってもらいますわ。

 

たけし:やっぱり顔と言ったら森進一だね。いい顔してるね。なに埋めたんだあいつは!ゼラチンの塊みたいになって!

 

鶴瓶:(爆笑しながら)アカンで!この人!テレビ録ってるねんで!むかし思い出して無茶苦茶やな。こんな舞台、好きでっしゃろ?

 

たけし:好きだね〜。これくらいお客さん入って。

 

鶴瓶:こないだもそこらへんでなんかやってたでしょ?

 

たけし:公会堂で。

 

鶴瓶:(武は舞台を)年に何回かやってるんですよ。落語やってたんでしょ?

 

たけし:落語やってた。

 

鶴瓶:落語やるんですよこの人。テレビでやれへんけど。落語うまいんですよ。

 

たけし:落語、やってもいいけど、正座したことないから、終わったあと立てないんだよ!

 

観客爆笑

 

たけし:終わったあと、(正座のままの姿勢で)このまま連れて帰られるんだよ。なんだかわけわかんないよ。

 

観客爆笑

 

たけし:あれ、ゴザ敷いてたら単なるホームレスだぜ。

 

鶴瓶:やかましい!

 

たけし:カンカン置いてたらお金くれるやつ。

 

鶴瓶:いやね、ほんとに(落語)するんですよ。

 

たけし:落語はね、昔、憧れてた。志ん生さんとか見てるから。だから今の若いのは…

 

鶴瓶:かわいそうですな。ほんまもん見てないから。僕もギリギリですけどいろんなもん見れた。米朝師匠、こないだお亡くなりになったけど。あとうちの師匠(笑福亭松鶴)もそうですし。こっちで言うと…談志!

 

たけし:談志さん!

 

鶴瓶:(武を指差し)談志の弟子ですからね!

 

たけし:オレ談志さんの弟子で、立川きんのすけ(錦之助)って名前もらって。で、談志さん死んじゃったんで今度は談春さんの弟子になって、立川「ばいしょん 」になっちゃって。

 

観客爆笑

 

たけし:「梅」に「春」だから。

 

鶴瓶:いずれこう言うところでも落語をするって言う企画があってもいいんじゃないかなって思うんですよ。

 

観客喝采

 

たけし:でも映画があるから。

 

鶴瓶:こないだ映画見ましたけど、最近映画も撮りにくくなってんちゃいますか?

 

たけし:うん。

 

鶴瓶:こないだ見た(武の)映画、人を殺したあと、シートベルトしてましたで!

 

観客爆笑

 

鶴瓶:あれおかしいやろ?!

 

たけし:そんで、警察が、「早く追え!早く追え!」って言いながら、「ちょっと待って!シートベルト!」って…

 

鶴瓶:あれなんでですん?

 

たけし:クレームが入るんだよ。

 

観客、ヘェ〜の声

 

鶴瓶:ホンマですよ!(左を向いて)人、殺してきて!(右を向いて)シートベルト!(左を向いて)こっちの方がアカンやんか!

 

たけし:外国の方はもっとすごいよ。犯人がナイキの靴履いてたら、ナイキから怒られるんだ。なんでうちの靴履いて泥棒するんだ!って。だからニケとか言って、新しいの作っちゃうんだ。

 

鶴瓶:こんど2017年に「アウトレイジ」の完結編、撮るんでしょ?

 

たけし:その前にハリウッド映画があって。「攻殻機動隊」ってのがあって。

 

鶴瓶:それをやる?!

 

たけし:ニュージーランドでずっとやってたんだ。で、「英語で喋ってくれ」って言われて。「オレは日本人だから英語は喋れない」って言ったら、「じゃあカンペ出すから」って、こうやってカンペ出されて。「それも読めない」って。「なんだコイツは」って言われた。

 

観客爆笑

 

鶴瓶:アンタなんか、駅前の留学のCM出てましたやんか。

 

たけし:Why not ECC

 

鶴瓶:そうそう!

 

たけし:あれは「ワイノットECC」って言えって言われたから。

 

観客爆笑

 

たけし:ホントは「ギブミーガム!」って言いたいところだよ。

 

鶴瓶:あれエエ発音でしたで?!喋れそうでしたで?!

 

たけし:あれ何回も言ってんだから。同じことを何回も。

 

鶴瓶:そのCMは終わったんでっか?

 

たけし:終わっちゃった。

 

鶴瓶:ああ、良かった良かった。やってる最中にそんなん言うてんのかなって…

 

たけし:違う、なんとかって言う、同じテンポで聞いてたらいつの間にか覚えちゃうって言う、あれに押されちゃって。ECCがダメになちゃって。

 

鶴瓶:あ〜。

 

たけし:あれは飲み屋で隣の奴が、「タケちゃん、こないだドラマ見たよ。飲もう、一杯おごるよ」って言うから。「おじさん、なにやってるの?」って聞いたら、「ECC」って。「ああ、缶コーヒーの?」って聞いたら「それはUCC」って。

 

観客爆笑

 

たけし:「ECC?なんだよ?」って聞いたら「英語!」って。「あっそう。CMやってやろうか?」って言ったら、「ホントにやる?!」って言ってきて。で、決まっちゃったの。

 

鶴瓶:ええっ?!

 

たけし:ぜったい嘘つきだと思ったの。そしたら本当に事務所に現れたんだ。

 

鶴瓶:いやあそう言うこともありますよね、今入ってきたお客さんもびっくりしてはりまっせ。(このタイミングで入ってきて席に着いた客。武と鶴瓶に驚いている)

 

たけし:オレがきてるって聞いてきたのかな。逃げなきゃ。借金取りだ。

 

鶴瓶:もうこんな感じで(舞台に)出てたん何年前ですか?

 

たけし:もう…40年になるか。

 

鶴瓶:40年。

 

たけし:ここでくだらないことばっかりやってたの。入浴ショーって言うのがあってね。お姉さんが「でべそ」(舞台の中央が客席側にはみ出している部分)に出て行くんですよ。そしたら幕が降りて、ほんで、タライをオレが出して。お湯入れて。で、幕が上がるでしょ。で、お姉さんがお湯に入って、お客が舞台に上がってお姉さんの背中を流せるって言う。で、オレがお湯の温度を間違えちゃって、熱湯を入れちゃったの。

 

観客爆笑

 

たけし:お姉さんが踊りながら帰ってきて、♩チャカチャンチャン…(足を入れてすぐアチ!の仕草)♩チャカチャンチャン…(手を入れて)アッチーー!!

 

観客爆笑

 

たけし:一回も風呂はいらずに!幕が降りて。帰ってきて怒られた怒られた!「オマエ何かんがえてんだバカヤロウ!ゆで上がっちゃうわ!」って。

 

鶴瓶:まあそう言う思い出もありますんで、落語で立つか、きよし兄さんと立つか、また来てくださいよ。

 

たけし:また覚えておいてください。