読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

「オークリーを度付きに?できません!!」と言われたアナタ!!眼'Z。超有名アスリート御用達スポーツサングラス店は、大阪の片隅で、こっそりと、オーナーがたった一人で経営するお店です!!大阪で、いや、関東以西で!!度付きスポーツサングラスなら、迷うことなくココ!!

オークリーが欲しい!

 

 

「ミッション・インポッシブル2」(2000年 123分)で、我々は衝撃のシーンを目にする。

 

 

冒頭のロッククライミングのシーン。本部から送られてきた荷物は…

 

 

サングラス。

 

 

トム・クルーズ扮するイーサンがそれをはめると、視界に今回のミッションが動画であらわれる。

 

 

「なお、このメッセージは自動的に消滅する」

 

 

イーサンがサングラスを捨てる。

 

 

サングラス、爆発!

 

 

この時のサングラスが…

 

 

オークリーの"ROMEO"。

 

 

▼写真は"ROMEO"の姉妹品、"JULIETTE"。第1回ワールドベースボールクラシックで、井上氏が、偏光レンズの野球での使用の可能性を探るべく、サンプルとして、日本代表にレンタル。実際に、日本代表選手の多くがかけた実物。

f:id:maddiehayes9915544:20161130180928j:plain

 

 

たぶん、オークリーのサングラスが世界的に大きくお披露目された最初の機会ではなかっただろうか。

 

 

「こんなカッコいいサングラスがこの世にあるのか!」

 

 

と、男子全員、思ったのではないだろうか。

 

 

そして時は流れ…

 

 

オークリーはスポーツサングラスの代名詞となっている。

 

 

2011年。オークリーと度付きレンズは…

 

 

2008年に僕はランニングをはじめ…

 

 

2011年、第一回神戸マラソンが初フルでした。

 

 

初フル記念に、オークリーのサングラスを買おうと思いました。

 

 

オークリーを置いている眼鏡屋さんは、八尾にもたくさんありました。

 

 

しかし、2011年当時、すべての店に言われました。

 

 

「オークリーのサングラスは、度付きにはできないんです」

 

 

オークリーのレンズは顔を覆うように湾曲している。

前面が平坦な普通のサングラスは、メガネと同じ。度付きにできる。

湾曲レンズは度付きにはできない。

 

 

一軒だけ、

 

 

「不可能じゃありませんが、20万円くらいかかる」

 

 

と言われました。

 

 

そうなんや…

 

 

僕は相当、落ち込みました。

 

 

オークリーで走ってるランナーは、全員、視力が良いか、コンタクトレンズのランナーなんや…

 

 

僕のように、コンタクト嫌いな、視力の悪い人間は、一生、オークリーはめられないんや…

 

 

と思っていました。

 

 

それでも、サングラスは必要。太陽を見ながらのランは、かなりの疲労が蓄積するとのこと。

 

 

オークリーじゃなくても仕方ないけど、マラソンに使えそうなサングラスないかな。

 

 

ネットで

 

 

「マラソン サングラス 度付き」

 

 

で検索していたところ…

 

 

「手作りホームページ➕西成区=最新サングラスとかけ離れた店」との出会い

 

 

ある一つのサイトに目が止まりました。

 

 

手作り感満載のサイト。

 

 

お世辞にも、カッコいいサイトとは言えなかったです(^◇^;)

 

 

しかも場所は西成区。大阪の中でも、お洒落とはほど遠い場所…

 

 

しかし、そのサイトは、読めば読むほど…

 

 

作り手の、度付きサングラスへの並々ならぬ愛着と、執念みたいなものすら感じました。

 

 

しかも…

 

 

オークリーも、度付きにできる

 

 

って書いてあるじゃありませんか!!

 

 

僕は半信半疑で、電話をかけました!

 

 

井上と名乗った、電話に出た男性は、とてもエネルギッシュな声で快活に喋りました!

 

 

オレ:八尾に住んでるんですけど、5軒のメガネ屋さん全員が、「オークリーは度付きにできない」と言われたんですが…

 

井上:僕に言わせれば、なぜそんなことを言ったのか理解できません。

 

オレ:じゃあ、そちらでは、オークリーを度付きにできるんですか?

 

井上:もちろんできますよ。

 

オレ:湾曲したレンズでも?

 

井上:もちろん。カーブのついた視力測定を1時間ほど行い、問題がなければ可能です。

 

オレ:お値段、20万円くらいします?

 

井上:ハハハハ!そんなにしませんよ!フレーム代と、度付きレンズ代。度付きレンズは普通の度付きレンズ代と同じです。あと手数料。普通の度付きグラスと同じ。それだけですよ!

 

 

どーゆーことだ?!

 

 

八尾のメガネ屋って、どうなっているのだ?!

 

 

全員が全員、嘘をついたのか?!

 

 

それとも…

 

 

「湾曲グラスも度付きにできる」

 

 

ということを知らなかったのか…

 

 

「ただし!」電話口の男性は続けた。

 

 

「湾曲のデザインのフレームと、お客様の顔の形・目の位置、などを総合的に計測して、お客様の目でピントが合わせられないと僕が判断したら、その商品はお売りできません!」

 

 

電話口の声は自信にあふれていました。

 

 

このおっさんはプロや。

 

 

と、電話だけで信頼できる人物でした。

 

 

数日後、僕はその昭和の匂いのするそのお店に足を運び…

 

 

1時間くらい、様々な計測をされて…

 

 

晴れて、欲しかったオークリー

 

 

"WIND JACKET"

f:id:maddiehayes9915544:20161202181032j:plain

 

 

を度付きにすることが出来ました!

 

 

その時のお店は、現在、西心斎橋に移動して、現在も営業されています!

 

 

「眼'Z(ガンズ)」

 

 

所在地: 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目10−20 グランドメゾン西心斎橋308号

 

電話: 06-6251-5504

 

 

 

f:id:maddiehayes9915544:20161130170420j:plain

 

 

 

 

 

 

▼このビルの3階。なんの看板もでていません(^_^;)

f:id:maddiehayes9915544:20161130172709j:plain

 

 

▼エレベーターで3階へ。

f:id:maddiehayes9915544:20161130173022j:plain

 

 

▼こんな場所に、関西No.1のスポーツサングラス屋さんがホンマにあるの…?

f:id:maddiehayes9915544:20161130173200j:plain

 

 

▼あるんです!

f:id:maddiehayes9915544:20161130173428j:plain

 

 

▼ロンドン・パラリンピック車いすラグビー日本代表・三阪洋行選手が実際に着用されたユニフォーム!

f:id:maddiehayes9915544:20161130174355j:plain

 

 

▼店内。

f:id:maddiehayes9915544:20161130174602j:plain

 

 

*注意!オーナーの井上氏がお一人で経営されています。

 

必ず、電話で予約を取ってから行ってください!

 

一回の視力検査に要する時間が長いので、予約なしではお店に迷惑がかかってしまいます。

 

ご協力よろしくお願いします。
m(_ _)m

 

 

今回、オーナーでスポーツサングラストレーナーである井上氏にいろいろとインタビューして来ました。

 

 

お話を聞くうちに…

 

 

なぜ、八尾のメガネ屋さんで、ただの1軒も、オークリーを度付きにできなかったのかが、はっきりとわかりました。

 

 

なぜ普通のメガネ屋さんでは、湾曲レンズに度を入れない?

 

 

普通のメガネ屋さんにとって、スポーツサングラスのように、顔に沿って湾曲しているようなレンズは邪道であり、度付きにするということは考えもしないそうです。

 

 

しかし、スポーツサングラスという観点から見ると、顔に沿っての湾曲は、とても理にかなっています。

 

 

日差しは正面だけでなく、背後からも、横からも差し込んできます。どんな場面でも日差しから目を守るということでは、この湾曲は素晴らしい形なのです。

 

 

最近増えてきたスポーツサングラス専門店に度付き対応を依頼すると、引き受けてはくれますが、実態は、ほとんどが、オークリーやコダックといった、

 

 

大手に丸投げという状態だそうです。

 

 

大手は、湾曲レンズにいかにして度を入れているの?

 

 

視力補正システムソフトがあって、それに顧客の通常眼鏡数値を入力するだけ。後はコンピューターが数値を計算し、それに見合った、カーブのある時のレンズデータができあがってきます。

 

 

ちなみにその視力補正システムソフトも、オークリーとコダック、その他では違うソフトのため、計算する数値は若干違うらしいです。

 

 

専門店はそれを受け取り、顧客に渡す。

 

 

しかし、モノはメガネです。

 

 

日常生活で、ミリ単位の調整が必要なものが二つあります。

 

 

それが靴とメガネ。

 

 

丸投げ業者でスポーツサングラスを作ると…

 

 

出来上がった度付きスポーツサングラスをかけて…

 

 

ユーザーが、違和感を感じたとします。

 

 

湾曲したレンズに度を入れているのです。

 

 

微妙な違和感が出て来て当たり前。

 

 

でも、専門店の人には答えようがありません。

 

 

だって、大手に丸投げしているのだから。

 

 

大手の側にしても、けっきょくはパソコンソフトに丸投げ状態。

 

 

返ってくる返事は…

 

 

「こんなもんです」

 

「そのうち慣れます」

 

 

程度の、素人くさい返事のみ。

 

 

彼らには答えようがない。

 

 

湾曲レンズに度を入れる、具体的なシステムを知らないのだから。

 

 

知らないから、彼らには、調整のしようもないのです。

 

 

・大手に丸投げをせず、
・自分たちで湾曲具合を計算し、
・独自に開発したノウハウで、
・徹底的に誤差を修正し、
・スポーツサングラスに度を入れている

 

 

そんな業者って…

 

 

日本に10軒ていどしかないらしいです。

 

 

・最大手が、東京にある「オードビー」さん。

 

 

度付サングラス・スポーツサングラスのeau de vie

 

 

・山形にも「金栄堂」さんという店があるらしいです。

 

 

金栄堂 スポーツグラス・スポーツサングラスプロショップ

 

 

しかし、関東以西は

 

 

ほとんどココのみ!

 

 

と言っても過言ではない!!

 

 

 

▼普通の、視力検査用のレンズを…

f:id:maddiehayes9915544:20161201191049j:plain

 

▼水平でなく、斜めに挿入すれば、湾曲レンズの数値が出るのじゃないか?と気づいた井上氏。

f:id:maddiehayes9915544:20161201191153j:plain

 

▼その後は、ただひたすら、独学で、湾曲レンズに度を入れるために計算、試作を重ねる!!

f:id:maddiehayes9915544:20161206103240j:plain

 

 

 

その代わり、眼'Zさんで度付きスポーツサングラスを作りたければ、

 

 

1時間ほどの、徹底した視力検査を受けなければなりません。

 

 

・あなたの利き目がどちらなのかを調べ、
・あなたの目の位置と、サングラスの構造をチェックし、
・あなたの目でそのグラスに度を入れた時、ピントがあってモノを見ることができるのか。
・また、視線が横を向き、湾曲部分で視認する際、酔ったような見え方をしないか

 

 

など、さまざまなチェック事項をクリアして、

 

 

やっと、製作にかかってくれます。

 

 

ちなみに、カーブのある特殊視力測定の際に、

 

目の充血

視線のズレによる複視

目の動きが著しく悪い

あなたの顔の骨格や形と、カーブのあるサングラスとの形があっていない、etc…

 

井上氏が、No!と判断した場合、

 

 

いくら払っても作ってはもらえません。

 

 

超ビッグネームが顧客に!!

 

 

井上氏の、スポーツサングラスに度を入れることへの並々ならぬ熱意は、メーカー側も知るところとなり…

 

 

メーカーから直接、紹介される形で、

 

 

・元読売巨人軍の原監督
広島東洋カープの高コーチ

・現NHKメジャーリーグ解説 新井宏昌
・元阪神 岡田監督
・今は亡き仰木監督

ウィルチェアーラグビー 池崎選手

ウィルチェアーラグビー 今井選手

・ボッチャ 廣瀬選手

 

 

などの超ビッグネームにも、度付きスポーツサングラスを製作されています。

 

 

仰木監督は一度に三本の度付きスポーツサングラスをまとめ買いしてくださったそうです)

 

 

しかし、この井上氏、宣伝下手というか、あまのじゃくというか…

 

 

そのようなビッグネームと取引があったことを、まったく宣伝に使わないんです。

 

 

原監督は、阪神戦で某ホテルに宿泊中に井上氏がサングラスを製作し、サインをお願いしたところ…

 

 

いったん、東京に帰り、

 

 

正式にご自分の角印を押したサインを送ってきていただいたほど、

 

 

この井上氏のモノ作りに感銘を受けられたご様子でした。

 

 

そのサインを飾ればいいのに、店内にサインはまったくないんです。

 

 

わずかに片隅に置いてあったのが…

 

 

▼元近鉄バッファローズ 梨田監督のサインボールと、

f:id:maddiehayes9915544:20161201220447j:plain

 

 

▼元セレッソ大阪 大久保選手のサインボール。

f:id:maddiehayes9915544:20161201220626j:plain

 

10年前は試行錯誤を繰り返し、クレームも毎日のように受けていましたが… 

 

 

 

それにもめげず、徹底的にこだわって、計算、試作、を繰り返した結果…

 

 

現在では、クレームはほぼなくなった、とのこと。

 

 

関東以西で、本当に満足できるスポーツサングラスが欲しいなら…

 

 

ココしかない!と断言できます!!

 

 

「眼'Z(ガンズ)」

 

 

所在地: 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4丁目10−20 グランドメゾン西心斎橋308号

電話: 06-6251-5504

 

 

井上氏のモットーは、

 

 

スポーツサングラスは、必ず、調整を受けてください!

 

 

だそうです。

 

 

スポーツサングラスは、使用目的や用途により、また、目の位置や骨格により位置を微妙に変える必要があります。

 

 

ここでいう調整とは、使用を繰り返すうちに、フレームやつるの部分などが広がって来て、緩くなってしまった時に、

 

 

それを再び、適切な位置にに合うように、内側に曲げて締めることを言います。

 

 

さらに、アスリートの体質も考慮し、1〜2時間後のむくみを計算に入れ、微調整を繰り返す。

 

 

これこそ、井上流のスポーツサングラスの調整、だそうです。

 

 

実は、スポーツサングラス業界では、この行為はご法度とのことです。

 

 

そのため、調整を公言している井上氏は、業界からかなり睨まれているとのこと。

 

 

業界の言い分としては、調整をすることで、フレームに熱を加え、変形させることで、強度が失われる、との理由から、推奨していないとのこと。

 

 

しかし井上氏は言います。

 

 

『一本一万円前後のメガネですら、何度も調整するのに、安くても3万円はくだらない高価なスポーツサングラスを調整しないなんて、どう考えてもユーザーの方を向いたサービスとは思えない。

 

 

何度、メーカーから警告を受けようが、自分はユーザーさんがベストの状態でスポーツサングラスを使えるよう、今後も調整を続ける』

 

 

、とのことでした。

 

 

実際に、様々なスポーツイベントで、井上氏がスポーツサングラス調整の出店を出したら、だいたい1時間待ちくらいの行列ができるほど、ユーザーのニーズはあるのですから。

 

 

 

 

最後に…

 

この井上氏の…

 

お嬢さんが、超絶美少女であることだけをお知らせして、終わりにしたいと思います!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20161205102450j:plain

 

 

現在、有名な

 

「ちゃりん娘」さんで、自転車の修行中、とのことです。

 

モデル&タレント事務所 Door 公式サイト

 

こちらも応援しちゃおうぜ!!

ドコモ口座キャッシュゲットモール